別れさせ屋とは依頼して終わりではない

“別れるための工作をするということは、相手を騙すことでもあり、工作を仕掛けた相手だけでなく、身近な人に知られることが嫌だという人も多いはずです。別れさせ屋に依頼すると決めたのなら、迂闊な行動をとらないように細心の注意を払わなくてはいけません。

相談相手の名刺をうっかりと見せてしまったり、身内だからと大っぴらに相談をしたりなどは、情報が工作を仕掛ける相手に漏れてしまう可能性も考えておきましょう。どんなことが起こっても自分は知らなかったという態度をとり続けるぐらいの演技力も必要です。工作の内容を知っているのに、普通どおりに振る舞うには、並々ならない苦労があるでしょうが、上手くことを運ぶためには、依頼して終わりではなく、協力することも考えましょう。

また、依頼する別れさせ屋は、依頼主についての個人情報をきちんと取り扱ってくれる会社でなければなりません。依頼側同様、うっかりと他に内容を話してしまうようでは、詳しく相談をする事も出来ませんし、相手にばれることになると目も当てられません。”
秘密

別れさせ屋に依頼する前に心の準備を

“別れさせ屋に工作を依頼するには、まず、どういった依頼をするかをまとめるところからはじめましょう。どんなに親身に相談に乗ってくれる人にあたることが出来たとしても、うまく相手に伝えなければなりません。工作を必要とする相手は、ほとんどが恋人や夫婦など、身近な人であるため、内情や癖など詳しく知っているはずです。

また、工作を必要とする理由や、求める結果についてなど、将来における展望を具体的に決めておく必要もあります。配偶者と不倫相手など、別れさせる対象に自分が入っていない場合、別れさせた後によりを戻すなど、自分を含めた人間関係をどうするかを伝えておく必要があります。

別れさせ屋に依頼するということは、相手に向けた工作の内容を知ることになります。相手にばれるような行動をとってはいけませんし、迂闊なことを口走ってしまえば元も子もありません。そのために、冷静に対処する心づもりが出来るだけの余裕が、絶対に必要になってきます。心を落ち着けてから依頼をしましょう。”
心の準備

信頼できる別れさせ屋を探そう

“別れさせ屋は、調査の際に尾行や張り込みが必要になることが多いため、探偵業を申請しているところが多く、
そのため、世間的には探偵業の一種とされています。別れさせ屋を選ぶ時には、探偵業を申請しているかどうかで、信用度を図ることもできます。

別れさせ屋も他の職業や会社と同じく、必ず最初から一つのところに決めてしまわなければならないわけではありません。むしろ、明確な料金が決まっていないので、相場や内容などを知るためにもいくつかの会社を調べましょう。依頼金額はどうしても高くなってしまうので、じっくりと探すのが一番です。

もし、最初の相談から契約を求めるところであれば、契約をひとまず保留するようにしましょう。契約前に相談にのって貰えない場合は、途中での相談に乗ってくれないなど依頼を疎かにされたり、追加の金額を請求されて初めに出された金額で働いてくれないなど、様々なトラブルが起こることがあります。誠意やきちんとした対応をしてくれるかは、最初の電話での応対でもある程度の事はわかります。”

別れさせ屋の料金には細心の注意を

“料金や工作などで不要なトラブルに巻き込まれないためにも、別れさせ屋に依頼する時は、きちんと疑問点を解消しておくようにしましょう。特に料金については重要になってくるので、契約を交わす前に明確にしておく必要があります。

別れさせ屋は、基本的な相場はあるものの、料金が一律化しているわけではありません。工作が長引く場合や、時には失敗してしまい、工作員を交代するという事態もありえます。そのため、どこまでが基本料金なのか、追加や延長についてはどうなっているかなど、契約を結ぶ前にきちんと確かめておきましょう。契約書などに料金の内訳などを明記してもらうのもいいでしょう。

また、料金についても高すぎるものはもちろん、安すぎる場合も注意が必要です。工作などには人件費などが掛ってくるため、好意で安い場合はほとんどないでしょう。追加料金が掛るなどあとからお金が掛る場合や、そもそも工作自体がお粗末な場合などがあります。コストや具体的な内容を確認するとともに、いくつかの会社を見て相場を調べておきましょう。”
料金

別れさせ屋を探す時に注意するべき点

“インターネットが普及し、出会い系サイトやSNSなど、顔の見えない人の出会いによるトラブルが頻発しています。複雑化している人との関わり合いを、穏便かつ後腐れなく終わらせることは、とても難しくなっています。
そこで需要が出てくるのが別れさせ屋というものです。

どうやって別れるかは人それぞれのため、別れさせ屋にこれという決まった形はありません。そのため料金形態が不明瞭になることが多く、慎重に会社を決めなければ高額な料金を支払わされたり、契約を強制されたりという別の問題が出てきます。自分の人生の転機にもなることを任せるのですから、良心的な会社かどうかが重要になってきます。

良心的な会社かどうかを見極めるには、やはり実際に会ってみて、担当者の人柄を確認するのが一番です。それ以外にも、調査や尾行、張り込みなどを行うために探偵業届が出ているかどうか、代表者や責任者の名前、会社の住所などが公にされているかどうかでも、ある程度の信用度は推し量ることが出来るでしょう。

探す

相場が難しい別れさせ屋

“別れさせ屋は探偵業の一つですが、浮気調査のように明確な証拠を集めて結果を出すというわけにはいきません。別れる補助をするのですから、別れるまで何度も工作が必要なこともありますし、数回で済むこともあれば一年など長期にわたってのアプローチが必要な場合もあります。そのため、通常の探偵業務よりも割高の料金になります。

別れさせ屋にも相場はありますが、不明瞭な部分も多く、会社によって料金が大幅に違うということもありますので、必ず複数の会社から見積もりを取るようにしましょう。

契約は基本的に書面で行うことが多いので、料金や行う工作、追加の場合の詳しい内容などは、きちんと書面に書いてもらうようにしましょう。インターネットなどでの依頼が増えていますが、法外な料金を突きつけられないようにするためには、直接担当する人に会って、相手の顔が見える状態で契約を交わすようにするべきです。信頼のおけるところか、会社の雰囲気や従業員についてなど、直接会うことでわかることもあります。”
別れさせ屋

別れさせ屋とは何か

“近頃別れさせ屋という言葉をよく目にするようになりました。名前の響きからあまりいい印象は抱かないでしょうが、探偵業の一つとして需要があります。

内容としては恋人と別れたいなどというものから、夫婦の離婚などの補助などがあります。特に夫婦の場合、本人たちの同意があれば離婚は成立するのですが、相手が承諾しなければ難しくなります。どうしても離婚がしたいとなると、調停や裁判に持ち込むことになりますが、相手の暴力や生活費の明らかな使いこみなど、相手方に離婚になりうる明確な理由がなければ、裁判を行っても離婚を申し込んだ方が不利になり、なかなか難しい場合も多いようです。そういった場合に、別れることを協力してもらうのが、別れさせ屋です。

また、恋人や夫婦以外にも、ストーカーに対して興味対象を移させるなどの妨害工作も入ります。つまりは、結んでしまったいろいろな縁を断ち切る工作をする仕事ということになります。自分だけではどうにもならない場合の手段の一つとして考えましょう。”
別れ